スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

掃除本のおすすめ8冊はこれだッ! 【モチベーションアップ↑】

1 :2013/04/21(日) 20:22:36.18 ID:
いままでどんな掃除本を読みましたか
餅が上がった、逆にダメだった本や雑誌の特集などについて自由に語って下さい。
タイトル、著者名、出版社名の付記推奨。


7 :2013/04/26(金) 20:19:48.85 ID:

「ガラクタ捨てれば自分が見える」 
カレン・キングストン 
は鉄板。

 


 


 


12 :2013/05/04(土) 23:50:20.09 ID:
断捨離本も参考になるし、カレンも得るところがある 
古堅式も学ぶことが多いし 
なんにもないの人の本もモチベーションあがる 

結局動くのは自分だからなあ

 

 

 

 

15 :2013/05/10(金) 23:33:35.87 ID:
今更の本かとは思うけど。 

数日前にNHK教育で特集してた、アートディレクターグラフィックデザイナーである 
佐藤可士和さんのベストセラー本「佐藤可士和の超整理術」が面白かった。 

ライフハック系ビジネス雑誌で整理術の特集があると頻繁に登場する人物だけど、 
あんまり真剣に記事読んでこなかったのが悔やまれる。 
あの本当にガラーンとした、物のないオフィスはマスコミ向けのポーズかと誤解してた。 

カレン本以来の個人的ヒットでした

 

 


 


26 :2013/05/28(火) 20:26:48.91 ID:


自分がモチ上がったり勉強になった本はこの辺かな 
良い本あればもっと読みたい 



【生活】 
カレン本これが一番効いた 
シンプル・リスト 
持たない暮らし 
美的収納メソッド
 
タイトル忘れたけどフランス女性の暮らしのコツの本
 

 

 


 


 


【仕事寄り】 
ストレスフリーの整理術 
気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ



 


 


45 :2013/07/07(日) ID:

 

主婦の友社「親の家を片づける」 

読者が自分の亡くなった親や同居で引き取った親の家、 
または引っ越して独居を続ける親が親自身で家を片づけたエピソード集です。


 



見事な汚屋敷を残されてしまった読者がいたり、反対に親が昔から 
すっきりと暮らし続けていたおかげでほとんど何もせずに済んだ読者がいたりと 
様々な話が読めて面白かった。 


個人的に怖いなと思ったのが、同居のために引き取った母親の実家の整理が 
あまりにも大変だったために母親は老いてて手伝えない、兄弟も知らんぷり、 
いまだに一緒に暮らす母親の顔を見るのも嫌だと思うことがあったり、 
協力せずに全てを押し付けてきた兄弟を恨んでいるという読者の話。 

しかも親の写真をばっちり載せてるとこにかなり根深いものを感じた。 
読んでてぞっとして片づけなくちゃって思ったよ。 
もちろん素敵な親御さんの話もあるから読後感はかなりモチベ上がるよ。

 

 


 


51 :2013/07/15(月) ID:


わたしのウチには、なんにもない。」 ゆるりまい

 




アマゾンジャンル別ランキング位 全体で位←※ケタなのがスゴイ 

汚屋敷で育つ→宮城で震災→新婚新居は超キレイ部屋 という方なんですが、 
汚屋敷住まいの苦しみや、片づけ下手家族との軋轢、 
なにより震災で実感した内容が非常にリアルです。 

ご本人が「モノを捨てたい病」と自己申告してるだけあって、 
ブログでの部屋の何もなさ、クリアさがハンパない。 
人間ここまで少なくして生きられるんだ…とモチ上がりました。 
ブログとは殆ど重複していない内容なので、ブログ合せて見ることをオススメします。

 



 


 


引用元


関連記事

2014/11/04 14:49 | 掃除COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。