スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

運について考える

1 :2014/02/19(水) 14:12:14.77 ID:
日常の中で運が作用した経験
あの時の運が人生の明暗分けたなって経験を語る。

3 :2014/02/19(水) 14:21:33.15 ID:
例えば、さんまさんが今もいるのは日航機が墜落した日たまたま仕事が早く終わったから。
まあこの人は元々実力あったけど。
ミスチルの楽器メンバーなんかたまたま同級生だっただけで完全に運だろ。
サザンのメンバーなんかも。
あなたが就職できたのもたまたま欠員でてたからかもしれないし
結婚できたのもその日たまたま誘われ婚活パーティーに出かけたからかもしれない。
 
9 :2014/02/20(木) 19:30:56.09 ID:
親は運
 
13 :2014/02/21(金) 21:47:08.01 ID:
運がいい人物事のタイミングがうまくいく人 
 
18 :2014/02/22(土) 12:20:23.38 ID:
運気が落ちている人って、端から見ると
そういう生活どうかなあと思われるような生活を
ずっと続けてるよね。
本人はこれよりしあわせにはなれないと思ってるから。
ソースは俺
 
21 :2014/02/23(日) 10:20:21.16 ID:
劣等感が消えないのは、ありのままの自分を受け入れていないことが原因です。
他人に少しでもよく見られたい、いま以上に評価されたいと思うのは、“プラスα”の自分を
演じているから。その邪念が心を乱し、自分本来の力を発揮できないこともあります。

ありのままの自分で生きている人は魅力的に映ります。
その人を応援してくれる人も増えていくでしょう。
人間的な魅力があれば、大勢の人が集まり、仕事の成果も大きくなるのです。
どんなに高学歴でも、人がついてこなければ、大きな仕事は成し遂げられません。
社会で活躍する人たちを見れば、この差ははっきりしています。
47 :2014/04/12(土) 13:53:37.95 ID:
>>38
石田純一の嫁がいってた
脳はそれが負の方向でもロックオンすると意識と身体がそっちいってしまう
だからこうなったら嫌だ、と考えるより
こうしたいこうなりたいて意識に切り替えないとやっぱり失敗し易いって
これは車の運転などにも言えるらしい
そういうイメージコントロールって運にも作用するんじゃないだろうか
不安な時ほどマイナスイメージが強くなって負の連鎖が起こりやすくなる
 
49 :2014/05/25(日) 14:30:07.74 ID:
運気の落ちてる時ってね、運気の落ちてる場所へ引きずり込まれやすいんだよ。
そして引きずり込まれてそこに長くいるともう脱出が難しい。
底辺暮らしをしている人の多くが底辺暮らしのまま一生を終えるのも
そういう法則があって、そういうのが作用しているからなんだよ。

人の運がマイナス100からプラス100まであるとして、一般的なのは
プラス10から20くらいと見るとすると運気の落ちた人はゼロから下。
プラスからゼロに落ちて行くときもそうだけど、ゼロから下に落ちると
なかなか這い上がって来られない。

よく2ちゃんで不平不満ばかり書いてる人とか、あの店が最悪だったとか
このホテルは最低とか、一回書いて終わりにするんじゃなくて
何度も何度も、ひどいのになると何年間も書いてるのがいるじゃない

ああいう人は運気がもうマイナスのかなりヤバいとこまで落ちてる人なの。

運気が落ちた状態で旅行に行ったり人とあったり、外に出かけるととにかく
碌なことが起きない。それはその人が運気の落ちてる所へ引き寄せられてるから。
変な宿に泊まってえげつない思いをするなんてことは、普通に生きていれば
たまにあることだけど、そういうときは運気が下がりかけてると思って
注意したほうが良い。

下がった運気をリカバリする方法は色々あるけど、運気の下がった人ほど
そういうことやりたがらないね。
それどころか恨みつらみをネットに流して何年も同じ悪口書くことに時間を
費やしてる。あいうことやってると、運気は下がって行く一方なんだけどね。
悪いものを吐き出してるから悪いものが寄ってくるの。悪循環になるから
嫌な思いをしたときは、すぐ忘れて楽しいことをしようとしたほうが良いよ。





関連記事

2014/10/17 16:50 | 考えかたCOMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。